ハッカ油でコバエを駆除!観葉植物やゴミ箱にも効果

観葉植物のまわりにコバエがいませんか。たぶんそいつらはキノコバエです。

コバエホイホイを置いても効かないでしょう?実はキノコバエにはコバエホイホイは効かないんです。

実はコバエホイホイは「ショウジョウバエ」にしか効かないということを知らずに買った人はやっちまいましたね。

家の中で化学物質である殺虫剤もあまりまきたくないですよね。そんな時、活躍するのが天然由来のハッカ油です!

ハッカは、コバエだけでなく虫全般が大嫌いなニオイです。そして、天然の素材なので体にも安心。ハッカ油でスプレーを作れば爽やかにコバエを駆除できますよ。

観葉植物やゴミ箱のコバエにはハッカ油が効く?

ハッカスプレーを使って、まいてみましたが思いのほかコバエがいなくなりました。正直、死んだのか寄り付かないのかは不明ですが、とにかく姿は見ません。

おまけに蚊にも効いてるっぽいので結構スゴイです。

ゴミ箱にもまいておくとコバエが発生しないようです。ゴミのニオイも爽やかなハッカの香りで和らぐので結構気持ちよくて一石二鳥かもしれません。

実はハッカ油はそのまま使うのではなく、ハッカ油スプレーを作る必要があります。とはいえ材料さえ揃えば混ぜるだけなのでご心配なく。

では早速、ハッカ油スプレーを作ってみましょうか。

4ステップで簡単ハッカ油スプレーの作り方

材料を揃えてたった4ステップで簡単終了です。ぜひ挑戦してみてください。

材料
・ハッカ油 15-20滴
・スプレー容器
・精製水 90ml
・無水エタノール 10ml

ハッカ油スプレー作り方手順
  • 1
    ハッカ油15~20滴をスプレー容器に入れる
  • 2
    無水エタノール10mlをスプレー容器に入れる
  • 3
    スプレー容器にふたをし、軽く振って混ぜる
  • 4
    精製水90mlを容器に入れて、軽く振って混ぜれば完成!

ハッカ油の量は、お好みで調整してください。私は香りも楽しみたいので結構濃い目で作ってます。もっとコスパよく作りたいなら水道水でもできます。

ハッカ油スプレーをコスパよく水道水で作る裏技

実は水道水でも作れます、ただし日持ちしなくなるので使う分だけ作りましょう。数日で使い切ってしまうというスタイルになります。

作り方はボトルに水道水を少し入れハッカ油を数滴垂らす感じでアバウトにやります。

保存は冷蔵庫ですれば数日程度なら問題ないです。

とはいえ、毎回作るのは面倒くさいので素直に無水アルコールで作るほうが断然楽です。

SNSでもハッカ油スプレーを観葉植物まわりやゴミ箱にまいてコバエ駆除に成功している方々が大勢いるのでチェックしてみましょう。

コバエをハッカ油スプレーで駆除する人続出

ハッカ油スプレーの注意点

当たり前ですが目や粘膜への仕様は避けてください。まれに肌が弱い人には、かぶれが出たりすることもあるようです。

また、刺激が強いので赤ちゃんには、使用を控えたほうがよいです。

ハッカ油を使ってはいけないペットは?

ペットがいる場合使えないことがあります。ネコや鳥はダメです。イヌですと基本OKなんですが、ハッカ油のニオイを嫌がる子もいるので、様子を見ながら使っていきましょう。

ワンちゃんが嫌がらなければダニよけの効果もあるので、防虫ダニよけとして使ってあげられますよ。

溶けるスプレーボトルにも注意を

ハッカ油はポリスチレン(PS)を溶かす作用があるので、PSは避けましょう。

具体的には、ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、ガラス製容器を選択するのがおすすめです。

コスパ:観葉植物のコバエ卵まで駆除「ダントツ」

観葉植物だけに絞れば、もっとコスパよく確実にコバエの駆除ができる便利なアイテムがあります。

それが「ダントツ」です。

もともと野菜栽培用の殺虫剤なので、観葉植物にも優しいものになっています。

観葉植物にたかるのはキノコバエです。キノコバエは、卵を土に産み付けますので土まで浸透するダントツのような殺虫剤でないと卵から根絶することはできません。

ハッカスプレーだと土のなかまでは、正直対応できないのが現実です

「ダントツ」の使い方は超簡単

つぶつぶの顆粒を水に混ぜるだけです。それをいつも水をあげるのと同じようにじょうろなどで観葉植物にあげます。

具体的にいえば、2000-4000倍に薄めます。水が2リットルなら「ダントツ」1gで2,000倍の計算。1gといえば1円と同じ重さです。

つまり、めちゃくちゃコスパがよくて何回も使えるし簡単で確実。2,3日くらいでコバエがいなくなります。キノコバエの卵も確実に根絶できるでしょう。

観葉植物:コバエが卵を生めない赤玉土にする

観葉植物周りのコバエを退治しても、原因の土を対策しないと永遠のイタチごっこになってしまいます。

ちなみに、キノコバエが卵を生むのは土の表面から数センチ下です。そこで、表面を赤玉土(無機質)で覆えば、キノコバエは卵を産み付けられなくなります。

具体的にいえば、表面の5,6cmを赤玉土で覆えば対策が完了です。簡単なのですぐ家中の観葉植物に対策できます。キノコバエに「ざまあみろ」してやりましょう。

実はSNS界隈でも最強といわれるコバエの駆除対策がある

実は、手間をかけずほったらかしでコバエを全滅してくれる方法があります。最近、徐々に一般に広まってきた電撃殺虫機です。

一度導入すれば、光でコバエを呼び寄せ電撃でコバエを即死させます。ペットや赤ちゃんに有害な化学物質も一切使わないため安心できるコバエの駆除方法です。

また、どんな種類のコバエでも引っかかるのでスキがありません。

技術の進歩でコンビニなどの外にあるパチンと虫を殺す機械。まさにあれの小型量産化が進み、ついに一般家庭でも手軽に使える時代になりました。

値段も数千円程度とお手頃なので試しに導入してみることをオススメします。もう使い捨てのコバエグッズや殺虫剤なんて必要ないですよ。

タイトルとURLをコピーしました