ゴキブリホイホイ逆効果か 増えた・逃げ出す・処理怖い

ゴキブリ本当に嫌ですよね。私は目にもしたくないです。しかし困ったことにGは突如、姿をあらわします。

ゴキブリ対策としてすぐ思い浮かぶのはゴキブリホイホイですが、実は逆効果という口コミもちらほら見かけます。

逆にゴキブリを引き寄せているとか、粘着シートから逃げ出すゴキブリがいるとか。そして、一番イヤなのがゴキブリホイホイの後処理が怖いよと。

実際に逆効果だったらヤバすぎますよね。ということで今回は、ゴキブリホイホイが本当に逆効果なのか深堀してみましょう。

ゴキブリホイホイ逆効果?デメリット・メリット

みなさんもゴキブリホイホイが呼び寄せているんじゃないか説などを耳にしたことも多いと思います。

でも、デメリットやメリットを押さえると逆効果真相が見えてきそうです。

デメリット実は1ヶ月しか効かない

・短い使用期限(1ヶ月)
・粘着シート劣化で放置すると逆効果
・大量のG死骸を目にする可能性大
・必要以上に呼び寄せてしまう可能性

まず、私が一番衝撃だったのが1ヶ月しかもたないということです!

この1ヶ月という期間で粘着シートがチリやホコリで劣化してしまうという弱点があります。

つまり、強力な誘引力のあるエサが有効なのに粘着シートが死んでいるという状態が発生。

ホイホイは、大量にゴキブリを呼び寄せるのにタダでGにエサを食わして増殖させてしまう危険性がある。

そして、処理する時にGの大量の死骸を見てしまう可能性が高いので怖すぎるという決定的なデメリットがあります。

中身ないと捕まっているのかもわからないし結局強制的にGの死骸を見ることになるという罰ゲームです。

メリット強力なゴキブリ誘引力

・エサの強力なゴキブリ誘引力
・手軽に手に入り設置できる
・そのままゴミ箱にポイできる
・期限内なら粘着シートで捕獲可能

メリットももちろんあります。それは強力なゴキブリ誘引力でゴキブリを引き寄せ粘着シートで捕獲するという古典的だが強力なシステムで捕獲できる。

ただ、このメリットを得られるのは使用期限の1ヶ月以内ということを頭に入れておく必要がある。

期限をすぎれば、粘着シートがチリ、ホコリや湿気で劣化し、捕獲能力がなくなる。そして、強力な誘引力でゴキブリを引き寄せても捕まえられないという恐ろしい悪循環に陥る。

だから、使用期限をしっかり守るということを出来ないとむしろ使わないほうがいいのかもしれない。

SNSでゴキブリホイホイ逆効果の声も

口コミの中では、逆効果や逃げ出すゴキブリもいるという声も多い。また、姿を見るのも嫌でゴキブリホイホイを処理するのも怖いという意見もある。

ゴキブリホイホイの逆効果を防ぐ唯一の方法

ゴキブリホイホイは、使用期限1ヶ月を適切に守れば効果を発揮します。これこそが逆効果を完全に防ぐたった一つの方法といえるでしょう。

逆に、1ヶ月をすぎるとゴキブリ引き寄せ機になってしまう可能性は否定できません。

でも、やっぱり1ヶ月で逆効果になってしまっては少し使いづらいですよね。

そんな時は、ゴキブリ駆除業者が使っている毒エサが効果も長く、効き目もブラックキャップを遥かに超えるといわれます。

ゴキブリ駆除はプロ用の毒エサがおすすめ

効果の高い毒エサといえばブラックキャップが思いつきますが、プロ用のゴキブリ駆除剤が耐久性も高くおすすめです。

ブラックキャップも弱点があって、中のエサ(半生)が湿気やチリやホコリに弱いということ、つまりゴキブリホイホイと同じようにどんどんそれらにより劣化が進みます。

一方プロが使う駆除剤(毒エサ)を一般向けにパッケージした「ゴキちゃんストップ」むき出しの状態の固形で水分をほとんど含まない。

だから、チリやホきりの付着がしづらく効果が長持ちします。

しかも屋外に置くことも可能です。つまり屋外で食い止められれば室内に来る可能性はぐっと減ります。

そして、この毒エサは即効性がないので、ゴキブリが毒エサを食べると水を求め外に出たり巣に戻るという行動を起こすためほとんどゴキブリを目にしないというメリットがあります。
»ゴキちゃんストップの詳細はこちら

ゴキブリを目にしないというのはゴキブリホイホイでは、ほぼ不可能ですよね。

プロも使う毒エサ「ゴキちゃんストップ」については、こちらの記事で詳しく掘り下げています。

本気でゴキブリを駆除したいならやはりゴキブリホイホイでは役不足のように感じます。

プロ業者がつかうゴキブリ駆除剤で効率よくGを撲滅するほうが長い目で見れば結局は早く、安いかもしれませんよ。

\プロ業者も使う圧倒的ゴキブリ駆除力/

ゴキちゃんストップ公式送料無料でポイント3%ゲット

タイトルとURLをコピーしました