桜ユッケとユッケ、馬刺しの違い・由来・理由 タレは?

桜ユッケの「桜」ってなんだ?と知らない人も多いかもしれません。他にも桜鍋・桜肉など桜がつくものもあります。

そんなわけで今回は、桜ユッケと普通のユッケの違い「桜」の由来などもさくっと解説していきます。

桜ユッケとユッケ、桜肉と馬刺しの違い

桜ユッケと普通のユッケ違い

ひとことで終わりますw。普通のユッケは「牛肉」で、桜ユッケは「馬肉」です。

桜肉と馬刺しの違い

じゃあ桜肉と馬刺しの違いはというと、桜肉=馬肉なので、馬刺しは馬肉の刺し身を表します。

つまり、より限定した桜肉の料理の一形態が馬刺しだと言い換えられます。

馬刺しが桜肉といわれる由来や理由は?

そもそも「桜」というのは何で?と気になりますよね。

実はなぜ「桜」なのかは諸説あり、いまだに定かではありません。

しかし、いくつかの有力な説があるのでサクッとご紹介します。

肉が桜色だった

新鮮な馬肉は、カットするとキレイな赤い色になります。

この色が桜の色に例えられ、「桜肉」と呼ばれたという説が一番真実に近いといわれているようです。

禁じられた獣肉を食べるための方便

江戸時代は、肉を食べることが法律で禁止されていました。ですから、馬肉は「桜」とごまかして食されていたという説。

これはありそうですね。ウサギも1羽(わ)2羽と呼ばれるようになったのも、似たような理由からですし。

ちなみに他の肉も隠語があります
猪肉→「牡丹(ボタン)」
鹿肉→「紅葉(モミジ)」
鶏肉→「柏(カシワ)」

馬肉が旨い季節だった

馬の肉の食べごろがちょうど桜の咲く季節だったという説。確かにエサをたくさん食べて寒い冬を越えた馬はおいしいといわれています。

馬肉が牛肉の「サクラ」だった

明治時代に牛鍋を食べるのが流行ったといわれています。

しかし、当時の牛肉は高級品だったため価格が高かった。そこで当時牛肉より安価だった馬肉を牛肉と偽って売ったからという説。

つまり、馬肉が牛肉の「サクラ」になっていたということです。

SNSでも桜ユッケや馬刺しが人気

桜ユッケはどこで買ったらいいの

なかなか、スーパーなどでは馬肉自体手に入らないことが多いでしょう。

なので、通販でお取り寄せするのがよいと思います。中でも自社農場である千鳥ファームを持つ菅乃屋がおすすめです。

テレビや雑誌でも度々取り上げられる老舗なので、衛生や品質の管理も徹底していて安心感があります。

希少部位など選べる品数多いのでもちろん「桜ユッケ(馬ユッケ)」もありますよ。

菅乃屋公式サイト

タレは何を使えばいいの

馬刺しユッケは、専用のタレがありますので活用するとよいと思います。

また会津では辛味噌をつけて食べたりしますので辛いのが好きな人はおすすめです。

馬刺し専用醤油なども活用すると楽しさも広がります。詳しくは下の記事で紹介しています。

馬ユッケの安全性は?

実は馬は筋肉量が多く、体温も高いとされ寄生虫や最近の繁殖がしにくいとされています。

また、牛のような食べたものを再び口に戻して咀嚼する反芻(はんすう)がないため大腸菌のリスクも低い。

加えて、馬肉は必ず冷凍処理(-20度で48時間以上の冷凍)をするので万が一寄生虫があっても死滅するため安全性が高いのです。

熊本馬刺しドットコム

初回限定のお試しセットが品質と価格を考えても圧倒的にお得!価格も2,000円台から選べるので手軽ににおいしい馬刺しがお試し可能。たった1度だけのチャンスなので逃すともったいない。  

---------------------------
-お試しセットの利点-
◎2,000円台から選べる
◎送料無料
◎国内産熊本肥育
◎捌きたての品質

馬肉専門店 菅乃屋

テレビ雑誌でも有名な寛政元年に創業の専門店。自社牧場から仕入れ・販売。徹底した衛生・鮮度管理で安心・安全の品質。希少部位など品揃えも豊富。こだわり派のなら菅乃屋で決まり。
---------------------------
-菅野屋の利点-
◎希少部位など品揃えも豊富
◎贈答用の対応も可能
◎自社牧場で品質管理

タイトルとURLをコピーしました